はじめに

このページでは、LaTeX に初めて触れる皆さんにお届けするトピックをまとめています。

LaTeX とは

そもそも LaTeX とはなにか、というところから疑問の方もいると思います。 そこで、とりあえずLaTeXで文章を書く上で必要となる点だけをまとめてみます。

  • LaTeX(ラテフまたはラテック)とは組版ソフト「TeX(テフまたはテック)」のマクロパッケージ。
  • プログラムを書くノリでテキストを編集(構造化文章を作成)し、コンパイルして文書を作る。
  • テンプレートが用意されているのでそんなに難しいことを覚える必要はない。
  • ソースファイル(*.tex)をコンパイルすると dvi という形式のファイルや、中間ファイルが生成される。
  • 最終的にはこの dvi 形式からおなじみの pdf に変換し、印刷や提出を行う。

以上のような流れになります。 この LaTeX を使ってもらうために必要な作業は、

  • LaTeX の環境をセットアップ
  • テキストエディタを LaTeX 用にカスタマイズ
  • テンプレートをコンパイルしてみる

という流れになります。

LaTeX のセットアップ

研究室のデスクトップPCにも、LaTeXのセットアップが必要です。

まずは環境のセットアップですが、 LaTeX のセットアップは「TeXLive」と呼ばれるパッケージを利用します。

TeXLive https://www.tug.org/texlive/

  1. 事前に、6G程度ディスクを空けておくこと。
  2. 「download」のリンクから、install-tl.zip を取得する。 install-tl-windows.exe を実行するように解説しているWebページもあるが、 exe だとインストールがうまくいかないことがあるようなので、ここでは推奨しない。
  3. 展開後、install-tl-windows.bat を実行する。 その際、環境変数を自動で追加するため、必ず管理者権限のユーザで行うこと。
  4. 「規定リポジトリを変更」にチェックを入れて「次へ」をクリックする。
  5. 「リポジトリデータベースが組み込まれるまでお待ち下さい。」が出たらしばらく待つ。 5分くらい経っても画面が変わらないようなら、 接続に失敗している模様なのでインストーラーを終了してもう一度やりなおす。
  6. インストールする場所が C ドライブで良いならそのまま、 D ドライブ等に変更したければインストールパスを変更する。
  7. 「TeXworksをインストール」のチェックを外しておく。(このページではTeXworksの利用を前提としないが、利用したければチェックをいれててもよい。)
  8. 後は流れに任せて画面をクリックしていけばインストールが開始される。
  9. インストーラーを実行してしばらくすると数千個のパッケージのインストールが始まるが、 そのときの「time/total」の横に「01:02/44:15」というような数字が表示される。 この分母の側の時間がインストール完了予測時間となるが、これが1時間半以上かかるようであれば かなり遅いサーバーに接続してしまった可能性が高いので、一度中断して最初からやり直した方が手っ取り早い。
  10. なお、インストールを途中で中止した場合、 最初からやりなおしになってしまうので、 インストール作業は時間に余裕があるときに行うこと。

エディタの設定 (Atom の場合)

LaTeX で扱う tex ファイルは単なるテキストファイルなので、 エディタはメモ帳でもなんでも良いのですが、 この Wiki では便利に利用できるエディタとして「Atom」と「VSCode」を紹介します。 この節では Atom の利用について解説します。 Atom は Windows 版だけでなく MacOSX 版や Linux 版もあります。

インストール

以下の URL からインストーラーをダウンロードして実行して下さい。

Atom https://atom.io/

パッケージのインストール

まずは、日本語メニューをインストールします。以下の手順に従って下さい。

  1. メニューの「File」→「Settings」を選択。
  2. 「Install」を選択。
  3. 検索用テキストボックスに「japanese-menu」と入力し「Packages」ボタンを押す。
  4. 「japanese-menu」の項目で「Install」を押す。

メニューを日本語化したら、同じような手順で以下のパッケージをインストールして下さい。

  • latex (2018年版 TeXLive とは相性が悪いので、atom-latexに切り替えて下さい。)
  • atom-latex
  • language-latex (数式が適切にハイライトされないので、language-latexsimpleに切り替えて下さい。)
  • language-latexsimple
  • pdf-view

これらのパッケージをインストールした後、 atom-latexパッケージの設定を開き、 以下の項目の設定を行って下さい。

  • 「Toolchain to use」の欄で「latexmk toolchain」を選択しておく。
  • 「latexmk execution parameters」の欄を半角スペース一つにし、空白が表記されるようにする。 (薄く「Default:」という文字列が表示されないようにしておくこと。)
  • 「LaTeX compiler to use」の欄に「platex」と入力する。
  • 「LaTeX compiler execution parameters」の欄を半角スペース一つにし、空白が表記されるようにする。 (薄く「Default:」という文字列が表示されないようにしておくこと。)
  • 「bibTeX compiler to use」の欄に「pbibtex」と入力する。
  • 「Build LaTeX after saving」の欄のチェックは OFF にしておく。
  • 「Save files before Build」の欄のチェックは ON にしておく。
  • 「Focus PDF viewer window after building」の欄のチェックは OFF にしておく。
  • 「Preview PDF after building process」は「Do nothing」を選択しておく。
  • 「Clean LaTeX auxiliary files after building process」の欄のチェックは OFF にしておく。ここを ON にすると、Build が終わったら一時ファイルを全部削除してくれるのだが、わずかな修正の後に Build し直す場合に Build 時間がかかってしまうので、作業中はあまり推奨しない。

上記の設定でうまくいかない場合に、「Toolchain to use」項目を「auto」に変更するとうまくいくことがあるようです。

論文用テンプレートファイルのコンパイル

論文用テンプレートファイルをコンパイルしてみましょう。 まずは、研究室のサーバーから必要なファイルをダウンロードしましょう。

LaTeX資料集 https://gamescience.jp/GS_LaTeX/index.html

解凍すると、色々ファイルが出てきます。 最も重要なのは、main.tex または「*_Main.tex」という名称のファイルです。

この main.texを Atom で開いてみましょう。 「\コマンド{引数}」のように色々書いてあるファイルだと思います。

このままコンパイルしてみましょう。簡単です。 Atom の中で main.tex にカーソルがある状態で、 メニューの「パッケージ」→「Atom-LaTeX」→「Build LaTeX」を選択するだけです。 あるいは、Cntl + l, Ctrl + b というショートカットキーもあります。 問題なければ一発でPDFを作成してくれます。

作成された main.pdf を Atom の Project の中から開いて確認してみましょう。

ほら、何かもう大層な論文を書いた気分に浸れませんか? 論文全体を表示するとやや文字がかすれて見えますが、 Ctrlキーを押しながらホイールを上下することで拡大縮小ができます。 拡大すると、様々な文字が実際はかなり綺麗なフォントで表記されていることがわかります。

Build がうまくいかなかった場合、 Atom の右下の方に「LaTeX compilation error」という文字列が表示されます。 そこをクリックするとエラーメッセージが表示されますので、 これを見て改めて編集しなおします。 このエラーメッセージは今時の開発環境と比較するとかなり見づらいので、 慣れが必要です。

書き始めるにあたって

中間報告書の場合

中間報告書では、main.tex に本文を記述していきます。

サンプルをよく読みながら、手始めに論文のタイトルや学籍番号、 氏名を自分のものに変更してコンパイルしてみましょう。

編集した main.tex を保存して、Build を実行するだけです。

main.pdfを開いて反映されたか確認してみましょう。

あとは、先輩の中間報告書などを参考に書き進めましょう。

LaTeXのコマンドなどが分からなかったら、 LaTeX Tips&FAQ を読んでみてください。

卒業論文の場合

では、テンプレートファイルのコンパイルから先に進むにはどうするかを説明します。 本文そのものは、main.tex とは別のファイルに記述していきます。 M01xxyyy\_main.tex の中に、

% ここから本文ファイルを挿入

% \input{chap1}
% \input{chap2}
% \input{chap3}

という欄があると思います。 行頭の % はコメントアウト(C++/Java の // に相当)になっていて、 メモ書きやボツ文章を残しておくのに使えます。

で、別ファイルに記述した文書は、こうやって input 文で挿入するわけです。 自分が追加したファイルに応じて、コメントを解除するなり、自分で input 文を追加するなりしてください。

肝心の中身ファイルの書き方ですが、これはもう、世の資料などを参照してもらうしかありません。 全部書くくらいなら私は LaTeX の本を出せてしまいます。 とりあえず最低限は、そのファイルで書く章の名前を、

\chapter{はじめに}

のように最初に入れておくくらいです。後は Try & Error でがんばりましょう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-06 (木) 19:38:56 (20d)